コロナ自粛中でも行ける「バーチャル渋谷」 区公認で19日オープン

区公認のオンラインイベントスペースとして活用

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年05月15日, 午後 12:26 in news
0シェア

コロナによる自粛で『行ってはいけない場所の象徴』になっている渋谷駅周辺。その街並みを3DCGで再現した「バーチャル渋谷」が渋谷区公認で5月19日にオープンします。

「バーチャル渋谷」は、いわば「マインクラフト」や「あつまれ どうぶつの森」で渋谷の街を再現したよう、皆が集まれるオンライン空間です。

構築にはKDDIが出資する3DCGのバーチャルイベントプラットフォーム「cluster」(クラスター)を活用。街へはスマートフォンの「Cluster」アプリや、PC・VRゴーグルなどからアクセスでき、アバターに扮して友達と渋谷の街を歩き回ったり、バーチャルのスクランブル交差点の前で自撮り撮影も行えます。

「バーチャル渋谷」提供の目的は、コロナの影響でリアルイベントが制限されるなか、渋谷区公認のオンライン上のイベントスペースとして活用すること。提供主体はKDDIや渋谷未来デザイン、渋谷観光協会、東急などが参画する「渋谷5G エンターテイメントプロジェクト」となっています。

5月19日に攻殻機動隊のイベントを実施

5月19日にはオープニングイベントとして、「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点において、「攻殻機動隊 SAC_2045」のLIVEトークイベントを実施予定。

同シリーズのファンである「SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”」、バーチャルアイドル「アンジュ・カトリーナ」、「若槻千夏」、スーパードミューン代表の宇川直宏氏らがアバターとして登壇します。イベントの模様はYouTubeやTwitterでもライブ配信します。

engadget
Engadget Japan

「バーチャル渋谷」では今後も「渋谷5G エンターテイメントプロジェクト」参画企業とコラボし、渋谷らしい旬のさまざまなイベントやコンテンツを展開予定。また、現時点で再現しているは渋谷駅周辺の街並みですが、建物の中に入って様々なコンテンツを体験できる仕掛けも検討します。

なお、当面「バーチャル渋谷」にアクセスできるのはイベント実施中に限定。常時開放のオンライン空間ではないため注意が必要です。

Source:KDDI


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: news, tomorrow, entertainment
0シェア

Sponsored Contents