JR東日本

総務省は11月25日、全国新幹線の携帯エリア化が完了したと発表しました。山形新幹線の芦沢駅〜舟形駅間の計6トンネルにおいて基地局設置工事が完了し、12月15日よりNTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの携帯電話サービスを利用できるようになります。

同省は、新幹線トンネルの携帯電話エリア対策を補助事業により進めてきました。これは、鉄道トンネルや高速道路トンネルなど人工的な構造物により電波が遮蔽される場所において、一般社団法人等が基地局整備費用の一部を補助するものです。

今年3月25日には北海道新幹線で、7月8日には秋田新幹線で、7月23日には東北新幹線で、それぞれ全線で携帯サービスが利用可能になっています。今回、新たに山形新幹線も全線が「圏内」となることで、現在営業中の全国新幹線の携帯電話エリア化が完了します。

なお、一部電波の弱い箇所の存在等により、利用している携帯端末のキャリアや機種によっては、通信が途切れる場合があるとしています。