寝る前にスマホを見る時間を減らして、睡眠時間をしっかり確保したい。そんなときには、「ヘルスケア」アプリで睡眠スケジュールを設定して、就寝準備ショートカットを使ってみましょう。

睡眠前に起動する「就寝準備ショートカット」では、睡眠前に読書をしたり音楽を聴いたりするアクティビティの設定が可能です。睡眠スケジュールに設定した時間帯は、睡眠モードに入り、通知や着信をオフにできます。今回は、「ヘルスケア」アプリで睡眠スケジュールを設定して、就寝準備ショートカットを使う方法をご紹介します。

「ヘルスケア」アプリで睡眠スケジュール・就寝準備ショートカットを設定する

まずは「ヘルスケア」アプリで睡眠スケジュールを設定しましょう。「ヘルスケア」アプリを開いて画面下部の「ブラウズ」をタップし、「睡眠」を選択。「はじめよう」から進めます。

▲「ヘルスケア」アプリを開いて画面下部の「ブラウズ」をタップし、「睡眠」を選択(左)。「はじめよう」を押します(右)

「次へ」で進み、睡眠目標時間を設定します。「-」「+」どちらかをタップして目標時間を調整。設定後にさらに「次へ」を押しましょう。

▲「次へ」を押し(左)、睡眠目標時間を設定して再度「次へ」をタップ(右)

続いて、睡眠スケジュールを有効にする曜日を選択します。就寝時刻と起床時刻を設定して、画面右上の「追加」をタップ。設定したスケジュールに間違いないか確認して、「次へ」を押します。

▲睡眠スケジュールを有効にする曜日を選択。就寝時刻と起床時刻を設定し、「追加」をタップ(左)。設定したスケジュールを確認して、「次へ」を押しましょう(右)

睡眠モードの画面が表示されたら、「睡眠モードを有効にする」を選択します。就寝準備の時間を設定して、「就寝準備を有効にする」を押しましょう。

▲「睡眠モードを有効にする」を選び(左)、就寝準備の時間を設定して「就寝準備を有効にする」をタップ(右)

就寝準備ショートカットの画面が表示されたら、「ショートカットを設定」をします。寝る前に開きたいお気に入りのアプリを選択しましょう。ここでは、「Podcast」を選び「Podcastを開く」を押します。

▲「ショートカットを設定」へと進み(左)、「Podcast」から「Podcastを開く」を押す(右)

追加したショートカットを確認し、「次へ」を。続く画面で「完了」すれば設定は終わりです。設定した就寝準備の時間になると就寝準備ショートカットが表示されます。就寝時刻の少し前には寝る時間ということを通知し、起床時刻にはアラームが鳴ります。

▲追加したショートカットを確認し(左)。「完了」すればOKです(右)

設定した睡眠スケジュールを編集したい場合は、「ヘルスケア」アプリの「睡眠」の項目から行えます。

Gallery: 寝る前のリラックスタイムを確保!就寝準備ショートカットを活用しよう:iPhone Tips | of 7 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>