アップル、Apple Silicon MacでもThunderboltサポート継続を約束

インテルとの協力は続くもよう

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年07月10日, 午後 02:00 in Apple
0シェア
FacebookTwitter
Thunderbolt
Intel

米インテルは次世代の入出力規格Thunderbolt 4の概要を発表しましたが、そこで注目されたのが「アップル独自開発のApple Siliconチップ搭載Macでサポートされるのか?」ということです。

そんななかアップルが、新たなThunderbolt規格もサポートし続けることを約束する声明を発表しました。

Thunderbolt 4はコネクター形状はUSB Type-Cと同じであり、データ転送速度はThunderbolt 3と同じながらも、全体的な技術要件が引き上げられたもの。Thunderbolt 3では1台だった4Kディスプレイが2台接続できるほか8K出力にも対応するなど、上位の機能が提供されます。

インテル製CPU以外のAMDないしはArmベースCPUを搭載するPCについては、インテルいわく利用可能ではあるが、OSでも対応が必要と述べられていました。そして今後のMacが移行するというApple SiliconチップはArmベースであり、アップルの対応が関心を集めていたしだいです。

海外テックメディアThe Vergeにて、アップルの広報担当者は「10年以上前、アップルはインテルと提携してThunderboltの設計と開発を行い、今日ではすべてのMacにThunderboltがもたらすスピードと柔軟性をお客様に楽しんで頂いております」と両社の共存共栄を確認した上で「私たちは今後もThunderboltの将来にコミットし、Apple Silicon搭載MacでThunderboltをサポートしていきます」とコメントしています。

そもそもMacがインテル製プロセッサをやめてApple Siliconにシフトするきっかけの1つは第6世代Coreがひどすぎたからとの関係者証言もありましたが、ひとまずThunderboltでの協力関係は維持されるようです。

Source:The Verge

Via:MacRumors

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Apple, mac, apple sillicon, Intel, Thunderbolt, Thunderbolt 4, news, gear
0シェア
FacebookTwitter