Eat Just
Eat Just

シンガポール食品庁(SFA)が、世界初となる培養肉の食品としての販売承認をEat Just社に出しました。Eat Justはこれまで植物ベースの材料で製造したタマゴ(風)製品で知られていましたが、シンガポールでは今後タマゴでなく試験管から生まれた鶏肉も製造販売されることになります。

世界的なヘルシー志向の高まりや、森林破壊、道徳的な側面など様々な意見を受けて、数多くの新興企業が、殺生なしに生産できる動物性タンパク質食品を開発し、さらに味も価格も手ごろなものにすべく研究を重ねています。

そしてEat Justをはじめ、Future Meat Technologies、Memphis Meats(ビル・ゲイツやソフトバンクが出資)などの企業がウチの製品こそがより環境に優しく、そして美味いと主張を繰り広げています。しかし、いずれもまだ市場にて販売するための承認を得るに至ってはいませんでした。今回その壁をEat Justがひとつ乗り越えたことになります。

Eat Justはシンガポールの現地メーカーと提携済み。将来的にまず試験的に特定のレストランで培養肉を使った料理を出し、その後扱い店舗数を徐々に増やし、最終的に小売店での販売にまで拡大するとしています。そのため、必要な量の拡大にあわせて生産設備となるバイオリクターの規模も拡大していく計画です。

培養肉は動物から採取した筋肉や脂肪の幹細胞を培養増殖させて製造します。シンガポールでの認可取得に際して、Eat Justは2年の期間を要し、安全性および品質面で食用鶏肉としての安全要件を満たすとともに、その一貫した培養プロセスを実証することが求められました。

結果としてできあがった培養鶏肉は、高タンパクかつ多様なアミノ酸を含み、一方で抗生物質量やサルモネラ菌、大腸菌といった微生物の含有は少ないという、われわれ人間にとって良いことづくしなお肉になりました。

初めての承認がシンガポールで下りたことに対して、Eat Justのジョシュ・テトリックCEOは、他の国に比べて「厳格でありつつ前向きな」取り組みをしてくれたことを理由のひとつとしています。CNBCによれば、代替肉の普及を促進する非営利団体The Good Food Instituteは、3年以上前からシンガポール当局者と代替肉の普及について定期的な会談の場を設けていました。

一方、シンガポール以外の国ではなかなか培養肉の市販化への道のりは険しい模様。米国では食品医薬品局(FDA)と農務省が2019年より培養ベースの鶏肉、牛肉、シーフードについて監督することになっていますが、既存の食肉協会といった団体からの反対圧力が非常に高いとのこと。

とはいえ、米国でも植物由来の肉の普及が拡大しつつあることを考えると、人々のヘルシー志向がさらに高まれば、また純粋に味が美味しければ、より健康的な肉として培養肉も認められていくことになりそうです。

source:CNBC