Slack、1チャンネルを最大20の企業・組織で共用可能に

社外コミュニケーションもチャットに

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月25日, 午前 11:40 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget

Slackが組織外とのコミュニケーションを強化した新機能「Slackコネクト」を発表しました。1つのSlackチャンネルを最大20件の組織で利用可能。同業者や子会社、サプライチェーン全体など、社外とのやり取りをSlackに取り込めるようになります。

「Slackコネクト」では、顧客やベンダー、パートナーが1か所にまとまり、チャットベースでやりとりを行えるため、生産性の向上につながるとのこと。Googleカレンダーを連携させれば、組織をまたいだ会議の設定も簡単に行えます。

こうした複数組織間のコミュニケーションにはセキュリティの懸念が伴いますが、Slackによると、エンタープライズレベルのセキュリティやデータ保持機能、コンプライアンス基準を備えているとのこと。

組織内のコミュニケーションはSlackをはじめとするチャットアプリに代替されつつある昨今ですが、組織外とのコミュニケーションは依然としてメールや電話が重要なウェイトを占めています。Slackは「Slackコネクト」でこれらの代替を狙っています。

Source:Slack

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents