米アマゾンは音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマート空気モニター「Smart Air Quality Monitor」を海外発表しました。


このモデルは空気の状態をチェックするための各種センサーを搭載し、音声アシスタントによる通知や他の家電との連携を可能とするスマートホーム製品。

実はアマゾンは、海外でスマートホーム製品を充実させており、昨今ではスマートプラグ(コンセント)スマートソープディスペンサースマートサーモメーターなどもリリースしています。本モデルも、そうしたラインナップの一環というわけです。


今回のSmart Air Quality Monitorでは、室内の一酸化炭素(CO)、粒子状物質(PM)、そして湿度、温度や揮発性有機化合物(VOC)のモニターを可能とします。そして空気が汚れていることを検知すると、本体全面のLEDランプで空気の汚れのレベルを表示します。

また空気の状態は、スマートフォンのAlexaアプリでも知ることができます。

さらにAlexaとEchoデバイスの連携により、話しかけることでスピーカー音声から室温などを知ることが可能。Echo Showのようなスマートディスプレイなら、空気の状態をビジュアルとして表示することもできます。

本体素材の70%は再生プラスチック、パッケージの91%は木材繊維やリサイクル素材を利用しているなど、エコロジーへの貢献へのアピールも忘れていません。


Smart Air Quality Monitorの海外価格は69ドル(約7900円)で、12月から販売を開始します。冬は室内にこもったり換気を忘れたりすることで室内の空気が悪くなりがちですが、Smart Air Quality Monitorはそんな季節にぴったりなスマートホーム製品といえそうです。

Source: Amazon.com