電池駆動でケーブルレス、「スマート扇風機2S」を買わない理由が見当たらない(実機レビュー)

100段階風量調整、非公式だがGoogle Home経由で音声操作も可能

ジャイアン鈴木
ジャイアン鈴木, @giansuzuki
2020年05月28日, 午後 06:15 in smart home
0シェア
FacebookTwitter
Engadget

つねに扇風機を手放せないジャイアン鈴木です。その理由は太っているから。脂肪という服を1枚まとっているので家族と体感温度が違うのですね。そこで扇風機で冷感をブーストしているわけです。

でもいま使っている扇風機は弱・中・強の風量3段階調整。いい感じの風量に調整できないことが多々あります。というわけでプラススタイルから5月21日に発売された「スマート扇風機2S」(1万2980円)を大いに期待して試用を始めたのですが、実はこの原稿を書く前に3台購入しました。今回はその理由を熱弁するレビューです!

……と、超長い前フリのあとにまだるっこしいレビューをお読みいただくのも申し訳ないので、最初にスマート扇風機2Sのいいトコロを箇条書きでお伝えします。

・DCモーターを採用しており100段階で風量を調整できる

・2800mAhのバッテリーを内蔵しており単体で20時間稼働可能

・スマホで操作可能

・「非公式」だけどGoogle Homeで音声操作できちゃう

製品公式サイトには、このほかにも「心地よい風を届ける」、「7枚の羽根で広がり豊かな風を再現」、「静音性に優れたデザイン」、「96cmの丁度良い高さ」というキャッチコピーも書かれているのですが……。

すいません、扇風機のレビューは初めてなんです。ダイソンとかパナソニックさんの扇風機を試用したことがないので、正直それらと比較してどうなのよ? という点はよくわかりません。3537円で購入した山善さんの扇風機と比べれば、風が柔らかく、動作音も低いかなーぐらいのファジーなレビューでご勘弁ください。

Engadget

全長は96cm。ベッドの横に置くとちょうどいい高さですね。高さ調整はできませんが角度調整可能なので個人的には無問題です

Engadget

同梱物一覧。組み立てに必要な六角レンチは付属しています。ただしプラスドライバーが別途必要です

Engadget

日本語マニュアルが付属しています。組み立てには5分かからないと思います

Engadget

左が山善さんの扇風機「YLT-C30」。Amazonで3537円で買いました。足で操作できるのがお気に入りポイント

Engadget

スマート扇風機2Sで、風量25(左上)、風量50(右上)、風量75(左下)、風量100(右下)で動作させたときの音量を計測してみました。個人的には風量50であればほとんど動作音は気にならないです。就寝時にも使えますね

バッテリーを内蔵しており、好きな場所に置いて風に当たれるのは便利ですね。フィットネスバイクを快適にこげそうです。ただし、約3.5kgと比較的軽いので移動はラクですが、電源ケーブルの抜き差しが面倒に感じました。MacBookのMagSafe的な磁力でカチッと脱着できる電源ケーブルだったらいいのになーと思います。

Engadget

テレビを見ながらフィットネスバイクに乗るのが日課です。サクッとスマート扇風機2Sを近くに設置できます

Engadget

ケーブルを抜くときはよいのですが、挿すのがちょっと面倒なのです。やはり片手で抜き差ししたいところです

スマート扇風機2Sは単体では電源のオンオフ、4段階の風量調節、首振りのオンオフしかできません。100段階の風量調節、首振り角度設定、自然風モード、タイマー設定などの高度な設定は、スマートフォンにインストールした「Mi Home」アプリからしか行なえません。

つまりスマホから操作するのが前提の扇風機なのでしょう。自分のスマホだけならよいですが、家族のスマホも設定するのはちょっと面倒かもしれません。

Engadget

電源オフ時に上のボタンを押すと電源オン、電源オン時に上のボタンを押すと風量を4段階で切り替え、電源オン時に上のボタンを長押しすると電源オフ、そして後面のボタンで首振りのオンオフを操作します

Engadget

「Mi Home」アプリからは、電源のオンオフ、強風モードのオン、自然風モードのオン、風量を4レベルで切り替え、風量を100段階で切り替え、首振りの角度を30/60/90/120度で切り替え、扇風機の方向設定、タイマー設定、運転音(ブザー)のオンオフ、ランプ(インジケーター)の明るさ調整、作動異常音のオンオフ、チャイルドロックのオンオフを設定できます

Engadget

なお「Mi Home」にスマート扇風機2Sを登録する際、なかなか候補に表示されませんでした。同じような現象に遭遇したら、一度「Mi Home」アプリとスマート扇風機2Sの電源を入れ直してみてください。私の場合はそれで設定できました

最後は非公式な情報なのですが、スマート扇風機2SをGoogle Homeに登録できちゃいました。スマート扇風機2Sをセットアップしたあとに「Google Home」アプリを開いてみたら「Xiaomiを接続」という選択項目が表示されており、そこからデバイスとして登録できました。

そして、「扇風機をつけて」、「扇風機を消して」という音声で操作が可能です。

なぜ製品公式サイトにGoogle Homeとの連携機能が謳われていないのかが不思議ですが、現時点ではベータ版的な位置づけなのかもしれません。

Engadget

「Xiaomiを接続」をタップしたあと、Miアカウントでログインすれば、あとは指示に従って進めればGoogle Home上のセットアップは完了します

Engadget

音声でスマート扇風機2Sをオンオフできますが、風量は画面のタッチが必要。音声で風量を調整できるようになってほしいですね

バッテリー残量をチェックできない点は不便ですが、それ以外は個人的に理想のスペックを備えたスマート扇風機2S。持ち運べることは重々承知しつつも、仕事部屋、リビング、寝室にそれぞれ常備したほうが便利だなと考えて3台購入した次第です。

なお、5月31日までプラススタイルの製品公式サイトとAmazonで発売記念セール価格9980円で購入可能ですが、Amazonでは割引は1台ずつにしか適用されません。私のように複数台購入するならプラススタイルがオススメですよ!

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: smart home, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents