iPhone

iOS 14で追加されたウィジェット機能の「スマートスタック」は、複数のウィジェットがまとめられているコレクションです。使いたい機能をさっとタップして使えるので、いちいちアプリを開く必要がありません。

ウィジェットが重ねられているので、ホーム画面のスペースを有効活用できます。今回は、はじめから用意されている「スマートスタック」を追加・編集する方法、使い方などをご紹介します。

「スマートスタック」をホーム画面に追加する

まずは、用意されている「スマートスタック」を追加してみましょう。ホーム画面の何もないところを長押しして、左上の「+」ボタンを押します。ウィジェットの一覧が表示されるので、「スマートスタック」をタップ。

iPhone
▲ホーム画面の何もないところを長押しして、左上の「+」ボタンを押す(左)。「スマートスタック」をタップ(右)

「ウィジェットを追加」を押し、「完了」をタップすればホーム画面に追加されます。ホーム画面の好きな場所に配置しましょう。

iPhone
▲「ウィジェットを追加」を押す(左)。「完了」をタップ(右)

スマートスタックを使う

次に、「スマートスタック」を使ってみましょう。ホーム画面に表示されている「スマートスタック」の各項目を上下にスワイプして、使いたい機能をタップします。するとその機能がすぐに起動されます。

iPhone
▲ホーム画面に表示されている「スマートスタック」を上下にスワイプして使いたいアプリの機能をタップ(左)。すぐに起動して表示されます(右)

「スマートスタック」を編集する

最初から用意されている「スマートスタック」は、ほかのウィジェットを追加することはできませんが、順番を入れ替えたり削除したりすることは可能です。

「スマートスタック」を長押しして、「スタックを編集」をタップします。各アプリの右にある「≡」をスワイプして、順番を変更できます。また、左にスワイプすると削除できます。

iPhone
▲「スマートスタック」を長押しして、「スタックを編集」をタップ(左)。各アプリの右にある「≡」を押しながら上下に移動させる(右)

スタックの編集画面で、「スマートローテーション」をオンにしておくと、ウィジェットを自動的にローテーションしてユーザーに最適なものを表示するようになります。あらかじめウィジェットが重ねてある「スマートスタック」は、さっとアプリの機能をタップして使いたいときに便利です。