ルイ・ヴィトンが自社ブランドのスマートウォッチとしては第3世代目となる「タンブール ホライゾン ライト・アップ」を発表しました。日本では1月14日から販売します。

「タンブール ホライゾン ライト・アップ」は、サファイアガラスに覆われた1.2インチの有機ELディスプレイ(解像度390 x 390 327ppi)、クアルコムのSnapdragon Wear 4100、1GB RAM、8GBストレージ、NFCなどを搭載したモデルです。

wearOS採用の従来モデルと異なり、ルイ・ヴィトンの独自OSを採用したのも特徴の1つ。同OSは直感的な操作が可能で、右スワイプでアジェンダ、天気情報、歩数、心拍数、空気室指数を表示可能。下スワイプで通知、上スワイプでタイマーやアラーム、音楽、Alipayなどを表示できます。

また、左スワイプで「My Travel」機能を呼び出し、旅行計画や搭乗券、ルイ・ヴィトン厳選30都市の「シティ・ガイド」にアクセスできます。

同OSは、Apple社のエコシステム以外では初めて、AppleがiPhoneとの互換性を保証するMFi(Made for iPhone)認証も取得しています。また、Android OSやHarmony OSもサポートします。

主な仕様は下記の通りです。

  • 機能的な回転式リューズとボタン

  • 1.2インチフルラウンドAMOLEDタッチスクリーン、解像度 390x390(327ppi)

  • 防水:30m防水

  • 平均的な継続使用時間:通常の使用状態で1日(LED使用を含む)

  • センサー:心拍数モニター、マイク、加速度、振動センサー、ジャイロスコープ、環境光

  • 作動装置:振動センサー

  • 互換性:Android 9.0+、iOS 14+およびHarmony OS 2.0+

  • 接続性:Wi-Fi(802.1 B/G/N)、Bluetooth 4.2、NFC

  • MFi-認証

  • マイクロプロセッサー:Snapdragon Wear 4100 1GB RAM - 8GBストレージ

本体価格は「タンブール ホライゾン ライト・アップ」モデルが税込43万4500円。「タンブール ホライゾン ライト・アップ マットブラック」モデルが52万2500円。「タンブール ホライゾン ライト・アップ マットブラウン」モデルが52万2500円です。

▲左から「タンブール ホライゾン ライト・アップ」「タンブール ホライゾン ライト・アップ マットブラック」「タンブール ホライゾン ライト・アップ マットブラウン」