Snap Spectacles
Snap

スマホアプリ「Snapchat」を手掛ける米Snapは5月20日(現地時間)、年次パートナーサミットを開催し、メガネ型デバイスの新モデル「Spectacles」を発表しました。

カメラを搭載し、撮影した静止画や動画をスマホに転送できるSpectraclesは、前モデルが日本でも販売されており、今回が第4世代となります。2台のカメラを搭載するのは前モデルから変わりませんが、新たにAR表示に対応したのが大きな特徴です。

透過型のディスプレイは最大2000nitの明るさで、屋内でも屋外でもAR表示が可能です。そのAR部分では、視野角26.3度で、6自由度(DoF)に対応。ハンドトラッキング、マーカートラッキング、サーフェイストラッキングを利用できます。テンプル部分にタッチパッドを搭載しており、各種操作に対応。搭載する4つのマイクで音声コマンドを利用し、ハンズフリーでの操作も行えます。

また、視野にあるものを理解し、その状況に合わせて関連する機能を提案するとのことです。

Snap Spectacles
Snap

QualcommのSnapdragon XR1プラットフォームを採用しており、重さは134gと他社のARデバイスと比較すれば軽量です。ただし、動作時間は1回の充電で約30分とかなり短くなっています。

なお、新型Spectaclesは一般販売は行わず、世界中の選ばれたクリエイターに提供されるとのこと。製品サイトから申し込みも行えます。Snapとしても、どのような利用方法があるのか、積極的に提案してほしいということのようです。

Source:Snap