Snapdragon 865 Plus発表、今年後半のフラグシップスマホに搭載

CPU・GPU性能向上

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月9日, 午前 10:50 in news
0シェア
FacebookTwitter

クアルコムがスマートフォン向け最新SoC「Snapdragon 865 Plus」を発表しました。CPUクロックやGPU性能を向上させ、よりゲーミングに最適化したのが特徴。搭載製品は2020年第3四半期(7〜9月)に登場し、ASUSとレノボが搭載スマホの投入を発表しています。

「Snapdragon 865 Plus」は、現行の「Snapdragon 865」の性能向上版との位置づけで、CPUの最大動作周波数が10%向上し3.1GHzに、GPU性能も10%向上しています。さらに、Wi-Fiの最大通信速度が1.7Gbpsから3.6Gbpsに向上しています。

「Snapdragon 865」はもともと、『デスクトップPCクオリティのゲーミング体験』を標榜し、GPUドライバの更新機能や最大144FPS表示、高速な5G通信などをサポートしていますが、CPUおよびGPU、Wi-Fi性能の改善により、ゲーミングへの親和性をより高めた格好です。

クアルコムのSnapdragonシリーズは多くのAndroidスマートフォンが採用しており、前述のASUSやレノボに限らず、2020年後半に発表されるフラグシップスマートフォンの多くが「Snapdragon 865 Plus」を採用する見通しです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents