米クアルコムの次期スマートフォン用プロセッサ「Snapdragon 775(仮称)」の詳細情報が、海外にて伝えられています。

今回の情報は、海外SNSTelegramで活動しているリーク情報アカウント「XiaomiUI」が掲載したもの。その情報によるとSnapdragon 775(図中では型番の「SM7350」として記載)は、Snapdragon 765/765G/768Gといった、いわゆるアッパーミッドレンジ向けの端末をターゲットとしたプロセッサとなります。製品には5G対応版と非対応版の2バリエーションが存在し、最新の5nmプロセスで製造されるのも特徴です。


そして現行のSnapdragon 765と比較すると、CPUコアがKryo 475からKryo 6xxへとアップグレードされます。GPUはAdreno GPU 6xxを採用し、メモリはLPDDR4XだけでなくLPDDR5にも対応。さらに、画像処理プロセッサ(ISP)の強化やUFS 3.1ストレージへの対応も、スペックシートから読み取ることができます。

またディスプレイ表示では120Hz駆動に対応しているのも特徴です。これは、最近数多く投入されているゲーミングスマートフォンへの投入を見越したものとなりそうです。


さて、クアルコムのプロセッサラインナップを見渡すと、ハイエンド向けの最新チップこと「Snapdragon 888」はすでに5nmでの製造に移行しています。一方で下位ラインナップに相当するSnapdragon 6xxシリーズではCPUに「Kryo 560」を搭載した「Snapdragon 690」が登場しており、性能面ではともかく、実質的な世代遅れ状態ともなっていたSnapdragon 7xxシリーズの性能の刷新が待たれていた状況でもあります。

さらにミッドレンジ向けプロセッサでは、台湾メディアテックのシェアがますます伸びている状態。そんな中で投入されることになるかもしれないSnapdragon 775により、クアルコムがどれだけ市場での存在感を維持できるのかに注目が集まります。

Snapdragon 775

Source: XiaomiUI (Telegram)

Via: 9to5Google