engadget

ソフトバンクは、Googleの最新スマートフォン「Pixel 6」「Pixel 6 Pro」を今秋発売します。また「Pixel 6 Pro」は国内キャリアではソフトバンクが独占で取り扱います。

なお、Pixel 6の詳細スペックは現時点で発表されておらず、Googleによる製品の詳細発表に先駆けて、取り扱いを発表した格好です。

Pixel 6シリーズとは

Pixel 6シリーズは、コンピュテーショナル・フォトグラフィーなど、AIを多用するタスクに最適化されたGoogle独自開発プロセッサ(SoC)「Tensor」を搭載したスマートフォンです。

独自プロセッサの搭載によって、カメラから音声認識、外国語の同時翻訳など、スマートフォンのさまざまな機能に恩恵があるといいます。例えば、家族写真の撮影で子供がじっとしていない場合や、外国語を話す友人とコミュニケーションする場合にも役立つといいます。

例えば、カメラ機能では「Tensor」プロセッサを活用することで、画像処理を刷新。動く被写体を鮮明かつ最適な露出で撮影できるとのこと。加えて、レタッチソフトのような画像処理を動画にリアルタイムで適用する「HDRnetモデル」を適用することで、カメラを太陽に向けたアングルでも最適な画質の動画を撮影できるといいます。

音声認識においては、SODA(Speech On Device API)という新しいプラットフォームを採用。これと「Tensor」プロセッサを組み合わせることで、デバイス上でデータセンターレベルの音声認識を実現するといいます。エンガジェット米国版が参加したTensorの事前デモでは「スマホで再生中の音声をリアルタイムで字幕化する」「再生中の音声の書き起こしと翻訳を同時に実行する」といった高度な処理をクラウドを経由せずに実行できることが披露されました。

また、無印とProの両モデルとも超広角カメラを搭載するほか、Proは光学4倍望遠のカメラを搭載することも明らかになっています。

Pixel 6シリーズの詳細は下記記事をご覧ください。

(更新中)