ソフトバンクは、iPadやモバイルWiFiルーターなど向けに「データ通信専用50GBプラン」の提供を3月17日に開始します。本プランは、スマホのデータを分け合うかたちではなく、データ端末単体で契約する人に向けた料金プラン。月額基本料は4800円で、4Gと5G通信を利用できます。

現行の料金プランで、iPadやモバイルWiFiルーターを契約した場合、メリハリプラン forデータ(980円)とデータプランメリハリ(6500円)をあわせた7480円がかかります。さらに、ひと月のデータ使用量が2GB以下の場合は1500円の割引があり、5980円で維持できます。

一方、新料金プランの「データ通信専用50GBプラン」の内訳としては、基本プラン(データ)980円にデータプラン50GB(データ通信)3820円をあわせた4800円となるため、これまでよりも維持費を抑えることが可能です。

ただし、時間帯によって通信速度を制限する場合があるとのこと。また、50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化しますが、追加データを購入することで速度制限なく利用できるそうです。

注意点としては、上記のほかに、SMSや海外での利用分などは基本料に含まれない点や、新みんな家族割の割引および回線数カウントの対象にはならない点を挙げています。

ちなみに、ソフトバンクは20GBが2480円の「LINEMO」(ラインモ)も3月17日から提供開始予定。こちらは、オンライン契約に限定した料金プランで、LINEアプリの通信をカウントしないのがポイントです。音声通話も使えるので、主にスマホの維持費を抑えたい人に向けた料金プランといえるでしょう。

Source : ソフトバンク