engadget

ソフトバンクは、国内の通信事業者として初めて「5G国際ローミング」の提供を本日(4月27日)開始しました。

「5G国際ローミング」は、ソフトバンクの5Gを利用しているユーザーが海外に渡航した際に、現地の5G回線を利用できるサービスです。まず韓国(SK Telecom)で開始し、対象国と地域を順次拡大します。

料金はLTE(4G)の国際ローミングと同額で、今回提供を開始する韓国は、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」の対象国でもあります。

兄弟ブランドである「ワイモバイル」および「LINEMO」のユーザーも、5G国際ローミングを利用できます。

なお、5G国際ローミングを利用する場合にはソフトバンクが案内している対象機種が必要です。対象機種は現時点でiOS 14.5以上のiPhone 12シリーズに限られ、Android端末は含まれていません。

Source:ソフトバンク