ソフトバンク、ショップにAI検温を導入

5月〜7月の時期で導入予定

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年05月19日, 午後 04:15 in softbank
0シェア

ソフトバンクは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、全国3000のソフトバンク・ワイモバイルショップにAI検温を導入します。次

今回導入するのは、子会社である日本コンピュータービジョンが開発し「SenseThunder(センス・サンダー)」です。

AIを活用した顔認証と赤外線カメラにより、対象者がマスクやメガネを着用したままでも、所要時間0.5秒でスピーディーに検温できます。

なお、同ソリューションは入退館管理を同時に行う機能も備えていますが、ショップでは検温のみ行います。

ショップにおいてはこれまでも非接触体温計を使った検温を実施していますが、同ソリューションの導入により、検温を自動かつ即時に行えるため、店舗スタッフの業務負荷を削減できるとのこと。導入時期は5月〜7月を予定します。

Source:ソフトバンク


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: softbank, cpvid19, Covid-19, news, tomorrow
0シェア

Sponsored Contents