コロナ禍の野球観戦、ホークスが試合をVR等で無料ライブ配信

自宅から高臨場感で

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月12日, 午後 06:00 in VR
0シェア
FacebookTwitter
engadget

新型コロナウイルスの影響で、当面は無観客での試合開催となるプロ野球。福岡ソフトバンクホークスは、試合をVR映像でライブ観戦できる「VR SQUARE」のコンテンツなどを無料配信します。

この取り組みは、ソフトバンクの5Gスマホ向けコンテンツ配信サービス「5G LAB」とコラボレーションしたもの。同サービスは、「5G」と名が付いているものの、Wi-Fiや高速な4G回線でも十分に利用できます。

この「5G LAB」のうち、VRコンテンツを配信する「VR SQUARE」では、福岡PayPayドームで開催するホークス公式戦全60試合を4台のカメラでライブ配信する「ソフトバンクホークスチャンネル」を提供しています。

今回、これを「クラブホークス会員」「たかポイント会員」「ホークス筑後ファンクラブ会員」の全員に31日間無料開放。また、会員以外にも、PayPayドームで開催する千葉ロッテマリーンズとの開幕三連戦を無料配信します。また、カメラ位置も人気のコカ・コーラシートに一部移設し、より臨場感のある観戦を可能としています。

engadget

また、試合映像を自由に回転させて、好きな視点で視聴できる「FR SQUARE」のコンテンツも上記と同様に無料配信します。

新型コロナウイルス感染症で新しい生活様式が求められる中、自宅からどうやって現地さながらの臨場感で試合を観戦するか、その方法を模索する動きは今後も続きそうです。

Source:ソフトバンク

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: VR, baseball, paypay, 5G, Softbank, news, entertainment
0シェア
FacebookTwitter