ソフトバンクが「看板アンテナ」を発表、景観を壊さずに5G基地局を展開

コンビニエンスストアなどで展開予定

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年09月10日, 午後 06:00 in Softbank
0シェア
FacebookTwitter

ソフトバンク、三協立山、日本アンテナの3社が共同で、第5世代移動通信システム(以下「5G」)の基地局用に使う「“見えない”看板アンテナ」を発表しました。ソフトバンクは「“見えない”看板アンテナ」を用いた5G基地局を運用予定です。

「“見えない”看板アンテナ」が開発された経緯としては、5Gの普及にあたって多数のアンテナの設置が必要という課題がありました。しかし、設置場所や街の景観の制約などから基地局の増設は容易ではありませんでした。そこで開発されたのが街の景観を損なわないこのアンテナです。

「“見えない”看板アンテナ」はアンテナモジュールを看板に内蔵したことで、外観的にはアンテナに見えないことが最大の特徴です。

その他の利点としてはアンテナモジュールが看板一体型なので設置工事と保守が容易であり。アンテナ指向性を容易に調整でき、柔軟な設置および運用が可能としています。

サイズは幅約140×高さ130×奥行き50mm、重さは約0.4kg。リリースによるとコンビニエンスストアなどの商業施設や駅、駐車場などでの活用を想定しているそうです。

source:ソフトバンク

 
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Softbank, 5G, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter