ソフトバンクグループは、7月中に全国15か所の新型コロナウイルスワクチン接種会場を設置し、合計25万人以上を対象とした接種を目指すと発表しました。

15か所の合計で最大1日1万人できる体制を構築し、グループ従業員などを対象とした職域接種で16万人規模、近隣住人を少なくとも10万人を対象にしたワクチン接種をめざします。

最⼤規模の接種会場となる福岡PayPayドームでは、6月末頃からグループ従業員および同居家族、ソフトバンクホークスファンクラブ会員や近隣住民を対象にした接種を行う方針です。

また、2回目のワクチン接種から2週間が経過した人には、福岡ソフトバンクホークス主催試合の観戦チケットを半額で提供します。

加えて、本日(6⽉15⽇)よりWeWork乃⽊坂に医療従事者向け⼤規模ワクチン接種会場を設⽴。21⽇から従業員とその同居家族、ソフトバンクショップやコールセンターのスタッフを対象とした職域接種を開始し、今後⽵芝本社、地⽅拠点にも接種会場を拡⼤します。

さらに、7⽉以降、これらの会場も含めた全国15か所にワクチン接種会場を設置し、近隣住⺠の⽅も対象とした⼀般向け接種を順次開始するとしています。

Source:ソフトバンクグループ