ソフトバンクは、データ使用量に応じて毎月の料金が変動する「ミニフィットプラン+」の提供を3月17日に開始します。

プランの内訳は、音声通話の基本料が980円(税別、以下同)で、データ容量1GBまでが2000円、2GBまでが3000円、3GBまでが4000円となります。

通話料は従量制で、30秒あたり20円がかかります。

3GBを超過した場合、通信速度を最大128kbpsに制限します。

SoftBank
▲「ミニフィットプラン+」の概要

特典として、ソフトバンクを契約してから13か月以上経過した契約者の誕生月に、毎年1000円相当の PayPayボーナスをプレゼントします。

携帯電話回線と固定回線のセット割引「おうち割 光セット」を適用した場合、毎月1000円割引します。また、「新みんな家族割」は適用できませんが、対象回線数としてカウントするとしています。

なお、「ミニフィットプラン+」の提供開始に伴い、「ミニフィットプラン」の新規申込受付を3月16日で終了します。

関連記事:

ソフトバンク、月6580円のデータ容量無制限プラン発表 4Gと5Gに対応

ソフトバンク、50GBが月4800円 データ通信専用で5Gにも対応

Source : ソフトバンク