ソフトバンクは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)などの先進技術を活用した体験を実現するサービス「5G LAB」を展開。スポーツ映像やアイドルのライブなどなどさまざまコンテンツを配信していますが、2021年3月26日にはその5G LABを実際に体験できる施設「5G LAB FUKUOKA」を福岡県福岡市にオープンします。

そのオープンに先駆けて、前日となる3月25日にはメディア向けにその内容が披露されました。この施設は福岡PayPayドームに隣接する複合エンターテインメント施設「BOSS E・ZO FUKUOKA」の6階にあり、ソフトバンクが5Gのコンテンツを常設展示するのは初となるそうです。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲「5G LAB FUKUOKA」が入った「BOSS E・ZO FUKUOKA」。福岡PayPayドームの隣に、2020年にオープンした複合エンターテインメント施設だ

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲こちらが5G LAB FUKUOKA。同施設の6階にある

5G LAB FUKUOKAの中には大きく2つのコンテンツが用意されています。1つはソフトバンクのCMにも起用されているアイドルグループ「NiziU」のコンテンツが楽しめる「NiziU LAB」の体感スペースです。

ここでは5G LABで配信されているNiziUのVR・AR映像を、会場内にある5G対応スマートフォンで直接体験できるのはもちろんのこと、ソニービジネスソリューションの360度映像空間システム「Warp Square」を用いてVR映像をリアルな場に再現するコーナーも用意。メンバーが実際にいるかのような映像体験を味わえます。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲「NiziU LAB」の体感スペースには、5G LABで配信されているNiziUのAR・VRコンテンツを5Gスマートフォンで直接体験できる
SB 5G LAB Masahiro Sano
▲壁にあるNiziUのメンバーの写真にスマートフォンを向けると、ARでメンバーがしゃべる仕掛けも用意
SB 5G LAB Masahiro Sano
▲「Warp Square」によるVR映像のリアル体験コーナーも用意。見るだけでなくダンスもできるとのこと

この他にも、NiziU LABの中にはNiziUのメンバーのサインや、CMで実際に身に着けている衣装なども展示。ファンには嬉しい展示が多くそろっています。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲NiziUが実際にCMで着た衣装なども展示されている

そしてもう1つは、福岡PayPayドームが本拠地の「福岡ソフトバンクホークス」に関連する「プロ野球体験スペース」です。こちらでも「ベースボールLIVE」の映像配信などを5Gスマートフォンで直接体験できるのですが、目玉となるのはやはり「スイングものまねAI診断」でしょう。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲福岡ソフトバンクホークス関連のコンテンツも展示。VRで自由視点での試合映像配信を楽しめる

こちらは自分のバットのスイングが、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手のスイングにどれだけ似ているのかを、スマートフォンが自動で判定してくれるもの。会場にある専用のスマートフォンでスイングフォームを撮影し、それをAIによって分析することで、どれだけスイングをものまねできたかをスコアで判定してくれるので、ホークスファンだけでなくバッティングに自信のある人も楽しめる展示となりそうです。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲「スイングものまねAI診断」では、スマートフォンでスイングフォームを撮影し、柳田悠岐選手のスイングにどこまで似せられるかをAIで測定してくれる
 SB 5G LAB Masahiro Sano
▲測定結果はこちら。結果映像はQRコード経由でスマートフォンに送ることも可能だ

しかしなぜ、ソフトバンクは東京などではなく、福岡に5G LABの施設を設けるに至ったのでしょうか。5G LAB FUKUOKAを統轄するソフトバンクのサービス企画本部 コンテンツ推進統括部 コンテンツ企画部 部長の小森谷嘉明氏によりますと、BOSS E・ZO FUKUOKAは福岡ソフトバンクホークスが運営しているエンタテインメント施設のビルであり、それを借りることができたことが福岡で展開する大きな理由になっているとのこと。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲5G LAB FUKUOKAを統轄する小森谷氏

その上で、NiziUや福岡ソフトバンクホークスといったコンテンツを活用し、5Gの魅力を伝えやすい、大容量通信が求められる動画を主体にした展示をするに至ったとのことです。それゆえこちらで展開しているコンテンツの多くはすでにソフトバンクショップや5G LABで展開しているもので、それを最新の5G端末で使えることが大きなアピールポイントになっているのだそうです。

SB 5G LAB Masahiro Sano
▲5G対応スマートフォンでの5G LAB体験を提供するため、施設内には5Gのアンテナも設置されている。ちなみに周波数帯はサブ6(3.7GHz帯)とのこと

施設の終了期間は定めておらず当面は常設となるようで、コンテンツに関しても定期的な入れ替えは現在のところ検討していないとのこと。またこの施設で回線契約や端末販売などはしておらず、あくまで5G LABのプロモーションを目的とした施設であり誰でも無料で入ることができることから、5G LABの魅力をぜひ体験して欲しいとのことです。

関連記事: