ソフトバンクは1月12日、同社から楽天モバイルに転職した40代の男性技術者が警視庁に不正競争防止法違反(営業秘密領得)容疑で逮捕されたことを明らかにしました。

発表によりますと、逮捕された技術者はソフトバンクに勤務していた2019年12月31日、社外から自身のパソコンでソフトバンクの管理サーバーに接続し、5Gネットワークなどに関する営業機密を不正に持ち出していました。

逮捕された技術者は、ソフトバンクでネットワークの構築に関わる業務に従事し、4G・5Gネットワーク用の基地局設備のほか、基地局同士や基地局と交換機を結ぶ固定通信網に関する技術情報を不正に持ち出し、その後、楽天モバイルに転職しました。

なお、不正に持ち出されていた営業機密には、顧客の個人情報や法人の取引先に関する情報などは含まれておらず、ソフトバンクは警視庁に被害を申告し、不正に持ち出された営業機密がどのように使用されたのか捜査を進めるとしています。

(楽天モバイルのコメントを追記:2021/1/12 14:20)

楽天モバイルはコメントを発表し、『現在、社内調査を徹底しているところで、現時点までに、当該従業員が前職により得た営業情報を弊社業務に利用していたという事実は確認されていない。また5Gに関する技術情報も含まれていない』としたうえで、『関係者の皆様にご心配をお掛けしていることは誠に遺憾である。引き続き、事態の解明に向け、警察の捜査に全面的に協力していくとともに、厳粛に対処していく』としています。


source:ソフトバンク