engadget

ソフトバンクとビエンナーレは、さまざまなアーティストとコラボレーションした、スマホで楽しむARアートを共同開発しました。7月10日より開催中の国際芸術祭「東京ビエンナーレ2020/2021」でスマートフォンを使って鑑賞できます。

このARアートは、丸の内・有楽町エリア・神田エリアなどに設定された鑑賞ポイントにおいて、ソフトバンクが提供する「AR SQUARE」アプリを通じて出現します。

例えば、東京駅の行幸通りで、指定のビューポイントでスマートフォンをかざすと、「進撃の巨人」ARアート作品が出現します。

これらARアート作品のうち、「進撃の巨人ARアート」「TOKYO BUDDHA」「Small Mountain in Tokyo」の3作品は、国土交通省が推進する3D都市モデルのオープンデータ化プロジェクト「PRATEAU」(プラトー)を活用。リアルな東京の3Dモデルを活用し、立体的なオクルージョン(手前にある物体が後ろのあるARオブジェクトを隠す)を備えたダイナミックな作品に仕上がっています。

Source:ソフトバンク(AR SQUARE)