ソフトバンクと双葉電子は、LTE通信に対応し、かつ数cm級の高精度測位に対応した国産ドローンを共同開発しました。

ドローンは業務分野で導入が進んでおり、空撮を利用した点検作業の効率化や、人の目が届きにくい高所作業の代替など、さまざまな産業で活用ニーズが増加しています。こうした背景から、ソフトバンクは自動飛行や自動撮影に対応したドローンサービス「SoraSolution」を2019年10月から提供しています。今後はサビ検出や差分検知といった、データ解析機能の実装も予定します。

なお、鉄道や電力をはじめとするインフラ業界や鉄鋼業界からは、情報管理の観点から海外製ではなく国産ドローンを導入したいとの要望が寄せられているとのこと。そのため、2社は国産ドローンの開発に踏み切りました。

共同開発したドローン機体の主な仕様は下記のとおりです。

  1. 画像や映像のリアルタイムな送信が可能

    LTE対応の通信モジュールを搭載しているため、空撮した画像や映像をリアルタイムにクラウドへ送信することが可能です。また、機体のテレメトリー情報(機体の位置情報やバッテリー残量など)もリアルタイムに送信できます。

  2. 飛行時の機体の安定性が向上

    LTEの利用により、ドローンを遠隔地から飛行制御することができます。また、「ichimill」の活用により、誤差数センチメートルの精度でドローンの飛行制御ができるため、機体の安定性が大幅に向上します。

  3. 撮影画像の位置情報の精度が向上

    「ichimill」を活用することで、ドローンで空撮した画像の位置情報も誤差数センチメートルの高精度で測定できます。これにより、画像に写っている対象物を特定しやすくなる他、複数枚の画像を1枚に合成(オルソ化)した場合も画像の歪みが少なく鮮明になり、地図データと重ねたときの精度が向上します。また、今後「SoraSolution」で提供を予定しているサビ検知や差分検知など、AIを活用したデータ分析サービスを使用する場合も、より精度の高い結果を自動で算出することが可能になります。

  4. 悪天候下でも安定飛行が可能

    ラジコン業界のトップメーカーである双葉電子のノウハウを活用して、トップクラスのパイロットが高速応答性に優れた機体を最適にチューニングすることで、風速15メートル毎秒の環境下でも安定した飛行を実現します。

携帯回線につながるドローンを使ったソリューションはKDDIやNTTドコモも提供しており、携帯料金収入などに続く新たな収益源として期待されています。