SoftBank eSIM

ソフトバンクは2021年7月14日、eSIMの提供を始めました。

eSIM(embedded Subscriber Identity Module)とは契約者の情報が書き込まれたSIMカードを機器に直接組み込む形態を指します。物理SIMのように“挿し替える”という概念がなく、専用のWebサイトや端末から申し込めるサービスがほとんどです。

プロファイルのダウンロードだけで済むケースもあり、初期設定の簡易さも特徴です。

注意点としては、ユーザー側がeSIM対応端末を用意する必要があるほか、eSIMでは一部のサービスが使えない場合があるとのこと。動作確認済みの端末は次の通りです。

  • iPhone XS / XR 以降のiPhone

  • Google Pixel 4 以降のPixelシリーズ

ソフトバンクはユーザーが申し込む際にeSIMとUSIMカードのどちらかを選べるようにします。また、オンライン本人確認システム=eKYC(electronic Know Your Customer)を使い、eSIMで新規契約する場合、申し込み後にUSIMカードの到着を待つ必要がなく、最短1時間ほどで開通が完了できるとしています。

なお、すでにソフトバンクの料金プラン「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」「スマホデビュープラン」を契約している場合、店頭でeSIMへの切り替えが可能です。


Source:ソフトバンク


【関連記事】