ソフトバンクは11月26日、IoT機器向け通信プラン「IoTグローバルプラン」の提供を開始しました。

IoTグローバルプランは、世界100以上の国と地域で一律料金で利用でき、主に海外でのIoT活用を推進する企業向けに提供するもの。

月額料金は1回線あたり100円(税抜)で、別途1MBあたり5.5円(非課税)の通信料がかかります。初期費用として1回線あたり3000円(税抜)が必要です。

通信事業者をまたいでも一律料金で利用できるほか、国境を超えても現地の通信事業者のネットワークに自動で接続します。対応する通信方式はCat-M1とLTEです。

また、日本やアメリカ、シンガポール、香港、オランダの5か所に設置した専用設備を活用し、国際ローミング時の通信経路の最適化(ローカルブレイクアウト機能)を2021年3月以降順次提供します。

サービスには、日英対応のWeb問い合わせ窓口(24時間365日)や、IoT関連のパートナー企業の紹介などのサポートも含まれています。また、有償オプションとして、ユーザー専用電話窓口や現地でのオンラインサポートも提供します。


source:ソフトバンク