毎月の通信費が不要。ソフトバンク、プリペイド式スマホ「Libero 3」発売

9月中旬以降に発売

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月3日, 午後 04:01 in ZTE
0シェア
FacebookTwitter
Libero 3

ソフトバンクは、基本使用料無料のプリペイド式携帯電話サービス「シンプルスタイル」向けに、ZTE製のAndroidスマホ「Libero 3(リベロスリー)」を投入。9月中旬以降に発売します。

シンプルスタイルは、毎月の通信費がいらない代わりに、料金を前払いすることで利用可能ないわゆるプリペイド式の携帯電話サービス。

事前チャージに必要な料金は3000円または5000円で、追加購入(リチャージ)時の金額も同様です。通話料金は6秒あたり8.58円で、パケット定額サービスを利用するには、別途、加入手続きが必要です。パケット定額サービスの料金は次の通り。

  • 200MBプラン・・・900円

  • 700MBプラン・・・2700円

  • 3GBプラン・・・4980円

Libero 3 は、トリプルカメラや約6.1インチHD+解像度の大画面に加え、3900mAhの大容量バッテリーを搭載したAndroidスマホ。プロセッサは「MTK P22」オクタコア(2.0GHz+1.5GHz)、メモリは3GB、ストレージは64GB。外部接続端子はUSB Micro-Bです。

(更新:2020/9/3 18:27)外部接続端子について追記しました。


source:ソフトバンク


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ZTE, smartphone, Softbank, 4G, Prepaid, mobile, Android, news, gear
0シェア
FacebookTwitter