ソフトバンクは、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE」(仮称、以下同)を立ち上げ、データ容量20GBを月額2980円で利用できる4G・5G共通の新たな料金プラン「LINEがギガノーカウント」を2021年3月に提供します。

「SoftBank on LINE」は、LINEとZホールディングスの経営統合を機に、ソフトバンクがLINEのプラットフォームを活用して展開する新ブランドです。

同ブランドで展開する新料金「LINEがギガノーカウント」は、ドコモの「ahamo」対抗プランで、20GBが月額2980円、超過後も最大1Mbpsで通信可能。5分以内の国内通話も何度でも無料です。さらに「LINE」の通信はノーカウントとなります。

また、オンライン専用サービスを掲げており、eSIMにも対応。なお、ドコモが「ahamo」で展開する、海外データ通信の無料サービスはありません。

(追記)「SoftBank on LINE」は現時点ではブランドコンセプトであり、新ブランドの最終的な名称は未定です。

また「SoftBank on LINE」は従来の「LINEモバイル」とは全く別のサービスだといい、通信品質もソフトバンクのメインブランドと共通。現在のLINEモバイルのように、昼間の通信速度が遅くなることもありません。

現行の「LINEモバイル」については、「SoftBank on LINE」のサービスを開始する3月をもって新規受付を終了。現在LINEモバイル株式会社については、ソフトバンク株式会社の100%子会社化および吸収合併する方針です。

ソフトバンク本体も値下げ、月6580円で無制限

また、ソフトバンク本体も値下げします。4G / 5G共通の新プランとして、月6580円でデータ通信が無制限となる「メリハリ無制限」を2021年3月に提供します。

関連
ソフトバンク、月6580円のデータ容量無制限プラン発表 4Gと5Gに対応

「メリハリ無制限」は、従来の50GBプランに比べて4Gで900円、5Gで1900円値下げしています。さらに、データ上限も50GBから無制限に引き上げています。ドコモの「ギガホ プレミア」対抗との位置づけです。

「SoftBank on LINE」とは異なり、家族割や光セット割も適用可能。ソフトバンクユーザーには『家族で加入されている方が多い』といい、割引をフルに適用した場合、月4480円から利用できます。

ワイモバイルも刷新、5Gにも対応

「SoftBank on LINE」のサービス開始で、微妙な立ち位置になるワイモバイルですが、こちらも2月に料金プランを刷新。5Gネットワークも利用できるようになります。

関連
ワイモバイル、5G対応で月1980円からの新料金プラン発表

3ブランドで政府の値下げ要請やドコモに対抗

ソフトバンクは今回、「SoftBank on LINE」「ソフトバンク」「ワイモバイル」の3ブランドで、政府の携帯値下げ要請に対応します。特に「SoftBank on LINE」とソフトバンクの「メリハリ無制限」はNTTドコモの「ahamo」「ギガホ プレミア」を徹底的にキャッチアップした内容となっています。

なお、KDDIも対抗プランを1月に発表することを高橋誠社長が明らかにしています。