engadget

ソフトバンクが20GBで月2480円の新料金「LINEMO」(ラインモ)を発表しました。ソフトバンクの従来プランと同一の回線品質で5Gも利用可能。提供開始は3月17日を予定します。

「LINEMO」は、ドコモの「ahamo」対抗として、ソフトバンクが12月に「SoftBank on LINE」(仮称)として発表したオンライン専用ブランドの正式名称です。当初の発表では5分間の音声定額込みで20GBが2980円でしたが、その後に登場した競合キャリアKDDIの新プラン「povo」に追従し、音声定額を500円のオプション扱いとすることで、月2480円から提供します。なお、20GB超過後は1Mbpsとなります。

engadget

LINEクリエーターズスタンプ使い放題

ドコモの「ahamo」やKDDIの「povo」との違いはLINEとの親和性です。eKYCおよびeSIMに対応し、LINEアプリから最短1時間で契約を完了可能。また、LINEギガフリーをうたい、LINEアプリの通信はノーカウントとなります。

engadget
engadget

さらに特徴的なのが、今夏以降、LINEスタンプが使い放題となる点です。通常月240円の「LINEクリエーターズスタンプ使い放題」がLINEMOユーザーに無償提供されます。

engadget

家族割カウントは対象外

オンライン専用ブランドとなるため、サポートはオンラインのみ。店舗でのサポートは実施しません。LINEアプリを使ったチャットでのサポートも提供します。

国内通話定額は1回5分以内が月500円、完全定額が月1500円。テザリングや国際ローミングにも対応します。eSIMに加えて物理SIMも発行可能。物理SIMはAndroidとiOSで区別されているソフトバンクと異なり、1枚でiOS / Androidに両対応します。なお、ソフトバンク本体でも今後、iOSとAndroidでSIMカードを統一する予定です。また、Apple Watchのセルラー通信にも非対応となります。

加えて、ドコモの「ahamo」と異なり家族割カウントの対象外となります。また、ソフトバンクのメインブランドやワイモバイルと異なり、ヤフープレミアム特典も対象外となります。

engadget

なお「LINEMO」では、3月16日までの先行申し込みで、3000円相当のPayPayボーナスを付与するキャンペーンも実施しています。