SoftBank

SoftBankは12月22日、オンライン専用の新ブランド「SoftBank on LINE(仮)」を発表しました。2021年3月にサービスを開始します。同ブランドでは月額2980円(税別)で20GBまでのデータ通信を行える新料金プランを提供予定です。

ドコモが12月3に発表した「ahamo」を意識したものですが、3週間弱で追従プランを用意したのはさすがと言うべきなのかもしれません。

そんな「SoftBank on LINE」、ソフトバンクによると詳細などはこれから詰めるとのことですが、現状判明している範囲で「ahamo」と比較をしてみました。

まず月額料金ですが、どちらも2980円(税別)、データ容量が20GBな点は共通。また、どちらも4G/5Gの両方に対応しており、20GBを超過した場合の通信速度は最大1Mbps。1回5分以内の国内通話が無料、1000円のオプション料金で完全かけ放題になるのも同じです。

なお、ahamoでは、海外82の国と地域で追加料金なくい20GBのデータ容量を利用可能ですが、「SoftBank on LINE」にはこのサービスはありません。代わりに、LINEアプリでの通信はデータ容量を消費せず使い放題(ギガノーカウント)となります。

また、どちらもオンライン専用のプランをうたっていますが、SoftBank on LINEではeSIM対応も発表しています。

SoftBank

見事に横並びですが、サービス開始までになんらかの変更が加わる可能性もあります。また、KDDIも対抗プランを1月に発表するとのことなので、それを含め、今後の情報に注目しておきたいところです。

source: SoftBank(1), (2)