MVNO(格安SIM)のLINEモバイルは、ソフトバンクが2021年3月にサービスを開始する「SoftBank on LINE」(仮称)の提供開始後も、LINEモバイルは個別のサービスとして存続すると表明しました。

発表によると、LINEモバイルを契約中のユーザーは、SoftBank on LINEのサービス開始後も、引き続き現在の契約内容で利用できます。また、SoftBank on LINEに強制移行することもありません。

なお、新規契約に関しては、「SoftBank on LINE」のサービス開始にあわせて終了すると親会社のソフトバンクが表明しています。この新規契約の終了に関しても、詳細が決まり次第告知するといいます。

またLINEモバイル側は、SoftBank on LINEは親会社のソフトバンクが提供するMNOサービスであり、MVNOである「LINEモバイル」が提供するサービスではないことを改めて告知しています。

SoftBank on LINEは、ドコモの新料金「ahamo」対抗となる新ブランドで、月20GBが2980円。申込みやサポートもオンライン専用となります。なおSoftBank on LINEの名称自体はコンセプトで、正式なサービス名は今後発表する見通しです。

Source:LINEモバイル

関連
ソフトバンク新料金は究極の後出しジャンケンだ。ahamo、ギガホ、UQに全面対抗(石野純也)