engadget

ソフトバンクは2月18日の発表会で、現在Android用とiOS用で別々に提供しているSIMカードについて、ソフトバンクのメインブランドでも1枚に統一すると表明しました。

現在、ソフトバンクのメインブランドでは『iPhoneで使っていたSIMがAndroidで利用できない』『Androidで使っていたSIMがiPhoneで利用できない』といった制約があります。

これについて、ソフトバンクの寺尾洋幸 常務執行役員兼CDO氏は『課題があることを認識している。解決する方向で準備を進めている。時期に関しては現在は課題を洗い出している段階だが、会社の方針としてSIMについては同一化していく』とコメント。将来的に統一する方針を示しました。

なお、同社が3月17日よりサービスを開始するオンライン専用ブランド「LINEMO」では、Android / iOSを区別せず1枚のSIMカードを提供します。