ソフトバンクは、メインブランドの「ソフトバンク」とサブブランド「ワイモバイル」間の乗換手数料などを2021年春に撤廃します。

これまで両ブランド間を乗り換える場合には、契約解除料の9500円やMNP転出手数料の3000円、そして契約事務手数料の3000円などを含め、最大1万5500円がかかる場合がありました。

こうした『移行コスト』について、武田良太総務大臣は『サブブランドで値下げしたと言いながら、サブブランドへの乗り換えに高いハードルを設けるとは、国民を欺いている』と問題視。これを受け、ソフトバンクは手数料の撤廃に踏み切った格好です。

武田総務大臣「値下げで誠意を見せて」携帯キャリアに要請

この改定によって、ソフトバンクとワイモバイル間の乗り換えハードルは大きく下がることになります。また、契約事務手数料の撤廃はオンラインでの契約に限り、実店舗の契約手数料は2021年春以降も3000円に据え置きます。

なお、メインブランドとサブブランド間の移行コストについては、KDDIの東海林崇副社長も見直しを検討を表明しています。

(追記)KDDIも2021年2月にauとUQモバイル間の乗換手数料を撤廃すると明かしました。