Apple Watchに留め具なしの「ソロループバンド」登場

重なる部分のない、ひと繫がりの構造

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年09月16日, 午前 03:50 in band
0シェア
FacebookTwitter

アップルは「Apple Watch Series 6」や「Apple Watch SE」の発表に合わせ、金具やバックル、重なる部分がないひと繫がりの「ソロループバンド」を発表しました。

「ソロループバンド」は、アップル独自の液状シリコンを素材に用い、伸縮性があり着脱も容易。耐久性が高く、水泳にも利用できます。サイズも多数用意し、カラーは7色から選べます。

また、100%リサイクルの極細シリコン糸を編み込んだ「ブレイデッドソロループ」も発売。こちらは5色から選べます。

レザーバンドでは、新たに「レザーリンクを発売」。こちらはバックルや金具がなく、マグネットで固定するタイプになります。

Apple Watch Nikeもアップグレード。新しい色のスポーツバンドとスポーツループ、そして新しい文字盤を用意します。

Apple Watch Hermèsでは新たにアトラージュストラップが登場。シンプルトゥールとドゥブルトゥールの2種類を用意します。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: band, wearable, apple, applewatch, applewatchseries6, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents