iPhone XS

アップルの世界開発者会議WWDC21でのセッションが終了し、初の開発者向けベータ版が配布されたことで、次期iOS 15の新機能はほとんどが明らかとなっています。

その多くはアップル公式のiOS 15プレビューサイトで言及されていることではありますが、あらためて米9to5Macが一部iPhoneのみに限られている新機能をまとめて紹介しています。

まず大きな区切りは、2018年発売のiPhone XRやiPhone XSなど「A12 Bionic」以降のチップを搭載しているかどうか、というところにあります。

A12 Bionicは前年のA11よりも大幅に高速化しているほか、AI処理を担当するニューラルエンジンも9倍の処理能力を10分の1の消費電力で達成する(開発にCoreMLを使った場合)と謳われたこともあり、それ以前と以降では大きな断絶があるためと推測されます。

これらiPhone世代ごとに限定された新機能は、ざっと以下の通りです。

iPhone XS/XRなどA12 Bionic搭載モデル以降

  • FaceTimeの空間オーディオ:対面会話のとき、スムーズに流れるような音場を作り出すもの。画面上の位置と相手の音声の空間位置がそろえられ、自然な方向から聞こえてくるような印象が得られます。

  • FaceTimeのポートレートモード:通話の背景をぼかして通話してる本人に焦点を合わせることができる機能です。

  • 「マップ」アプリのインタラクティブな地球儀:こちらもA12 Bionic以降の新しめなiPhoneのみ。この地球儀では、山脈、砂漠、森林、海などの詳細が大幅に強化されています。また拡張現実で表示される道案内もiPhone XS以降となっています。

  • 写真アプリでのライブテキスト:カメラロールの写真やスクリーンショット内の文字や文章を、通常のテキストのように範囲選択やコピー可能になるというもの。クラウドを使わずiPhone内部でAI処理を実現する「オンデバイスインテリジェンス」ゆえに、プロセッサの性能で線引きされると思われます。

  • ビジュアルルックアップ:写真を上にスワイプするか情報ボタンをタップすると、認識したオブジェクトやシーンがハイライトされる機能。世界の人気アートやランドマーク、自然の中の植物や花、本、ペットの品種などを詳しく知ることができます。

  • 天気予報の新しいアニメーション背景:太陽の位置、雲、降水量などをより正確に表現するアニメ背景のバリエーションが数千種類に増えました。

  • オンデバイスインテリジェンス:上記のライブテキストのほか、Siriに話しかけた言葉の認識や通知の優先順位、Apple Musicの楽曲おすすめなど、外部にデータを送信せずiPhoneで内部処理することで、プライバシーと高速動作を両立できる利点があります。

  • Home Key:iPhoneが自宅やホテル、オフィスや車の鍵となる本機能もA12 Bionic以降が必須となります。

iOS 15のiPhone 12シリーズ専用機能

  • パノラマ写真:「パノラマ」モードは以前からありましたが、iPhone 12シリーズでは幾何学的な歪みが改善され、動く被写体をよりよく捉えられるようになったほか、画像のノイズやバンディング(濃淡の縞)も低減されます。

  • 5G対応で強化された接続性:iCloudへのバックアップとiCloudバックアップからの復元、アップル純正およびサードパーティ製アプリでのオーディオとビデオのストリーミング、より高品質なApple TV+コンテンツのダウンロード、iCloud Photosへの写真の同期などが強化されます。

  • Wi-Fiよりも5Gを優先:iWi-Fi接続が遅い場合や、キャプティブネットワーク(空港や駅など公共の場に設けられたWi-Fiアクセスポイントで、特定のWebの参照を強制するもの)や安全でないネットワークに接続している場合、自動的に5Gを優先する設定が可能となりました。

iPhone 7あるいはiPhone8以降

  • AirPods ProやAirPods Maxでのヘッドトラッキング対応の空間オーディオ:iPhone 7が必須です。

  • 歩行安定性:iPhone内のモーションセンサーで歩行に関するデータを自動で計測して転倒リスクを警告し、筋力やバランスを高めるための運動方法を視覚的に提示するもの。iPhone 8以降のモデルが必須となります。

ここに列挙された新機能はすべて、iPhone 6sおよびiPhone SE(第1世代)では利用できません。むしろ5〜6年前の過去モデルが今後1年以上も、制限があるとはいえ最新OSでサポートされることが稀に見る幸運だと割り切った方が精神衛生的にもよさそうです。

Source:9to5Mac,Apple