iPhone 13

一部のiPhone 13ユーザーやiOS 15に更新した旧モデルのユーザーから、タッチパネルが反応しない場合が生じており、強制再起動や何度もタップする必要がある、との声が寄せられています。


まずiPhone 13を購入したユーザーの一部からは、画面をタップしてスリープを解除した後もiPhoneが反応しない、システム全体およびアプリでのタッチ入力に反応がないなどの事例が報告されています。

現状では、そうした声が大手掲示板RedditやTwitter、アップル公式サポートなど、広い範囲にわたって確認できるという状況です。

iPhone 13だけで問題が起こっているならば、ハードウェアに不具合がある可能性に絞り込まれます。しかし今回複雑なのは、iPhone 12 Pro Maxほか旧モデルでもiOS 15更新後に似た問題が起こっていること。4~6回タップしなければ反応しないといった苦情もあり、ソフトウェアのバグである可能性が高いとも推測されます。

こうした意見に対して、アップル公式サポート側は「詳しく事情が知りたい」と反応を示しています。

iOS 15は配信開始されてから10日近くが経過しましたが、アップルはセキュリティ研究者より報告されたゼロデイ背脆弱性への対応が遅れている(「調査中」とのこと)と謝罪したほかApple WatchでiPhone 13をロック解除できない十分な空き容量があるのに「ストレージがほぼ満杯」と表示されるなど、複数の不具合が生じています。


iOSベータ版のスペシャリストであるYouTuberのZollotech氏は、最新の開発者向けiOS 15.1ベータ版を短時間ではあるが使ってみたところ、これらの不具合は修正されているようだ、と述べています。

現状ではアップルは、緊急で不具合対策を行なったiOS 15.0.1をリリースするのでは、と有力視されていますが、もしかしたらiOS 15.1正式版の完成を急ぎ、テストが終わりしだい、10月にも配信するのかもしれません。


Source:MacRumors