Paramount
Paramount

映画『ソニック・ザ・ムービー』は、最初に世に出た予告編映像で駆け回る、”見たことない”造形のソニックがファンにパニックをおこさせたものの、その後公開時期を延期して行ったキャラクターデザインの修正がハマり、ヒットにつながったある意味で奇跡的な作品でした。

すでに続編の制作が開始されており、うわさでは前作でチラリと見切れていた黄色いキツネのキャラクターに加えて、ファンなら見慣れている赤いハリモグラも登場するのでは…?という話も出ています。

そして、エンタメニュースサイトJust Jaredが掲載した続編映画の制作風景の写真の中に、これらのキャラクターのプロップが映り込んでいるのが発見されました。

カナダのバンクーバーで撮影中のソニック続編では、前作のメインキャストであるジェームズ・マースデンとティカ・サンプターがなにやら爆発が起こっているような場面を走っている様子がわかります。またキャストらが撮影以外の場面でマスクを着用ていることが、新型コロナのパンデミックのもとでの撮影であることを示しています。

そんな風景中に1枚だけ、ソニック、テイルス、そしてナックルズという信号機カラーのトリオのプロップがとらえられていました。

この1枚のおかげで、続編にナックルズが登場する可能性は限りなく高まったと考えて良さそうです。

なお2月に伝えられたうわさでは、映画に登場するナックルズの声優として『アクアマン』ことジェイソン・モモアにオファーがあったと言われています。モモアがこれを受けたかどうかは、記事執筆時点では定かではありません。

『ソニック』続編では、ジム・キャリー演じるDr.エッグマン(Dr. Robotnik)も、かなり原作ゲームに寄せた風貌になって登場するはず。役者が揃ってきた続編に期待は高まります。なお、記事執筆時点では映画『Sonic the Hedgehog 2』は2022年4月に米国で公開予定です。

Source:Just Jared