Paramount Pictures

3月に劇場公開の予定だったものの、新型コロナウイルス感染症の影響で延期になっていた映画『ソニック・ザ・ムービー』が6月26日に公開されることが決まりました。セガの人気キャラクター、ソニックがやっと日本の劇場を駆け巡ります。

米国では2月14日に公開された『ソニック・ザ・ムービー』は、ゲームを原作とする映画として史上最高の興行収入記録を樹立、世界各地で大ヒットを記録したものの、満を持して登場する予定だった日本では折からの新型コロナウイルスのため、まさかの足止めを食らっていました。

政府による緊急事態宣言は5月下旬より解除の動きとなったことで、各地で休業要請が緩和され、営業を再開する映画館も増えていました。東京でも6月1日には多くの劇場が再開しています。

緊急事態宣言が解除されたから「さあ、もう何も気にしなくてOK!」では決してないものの、劇場の再開を受けて長らく娯楽も自粛していた人たちのなかには映画館に足を運ぼうと思う人も多いはず。そんななかでの『ソニック・ザ・ムービー』の公開時期決定は、楽しみにしていた人もそうでないひとも嬉しいニュースと言えるでしょう。

新型コロナ禍は世界中の映画館に影響を及ぼしました。ハリウッド映画は劇場公開の時期も興業収入を左右する要素となるため、新型コロナの蔓延の影響が大きいと判断された作品のなかには、劇場からストリーミング向けに変更するものも出ています。また米アカデミー賞やゴールデングローブ賞などは特例としてストリーミングに変更された作品も選考対象に加えることを明らかにしています。

ちなみに『ソニック・ザ・ムービー』は先日米国で続編の製作決定が伝えられたばかり。監督や脚本はこれから日本で公開される第1作から続投が決まっています。

Source:Sonic the Movie