engadget

Sonos Japanは、小型ポータブルスピーカー「Sonos Roam」をSonos公式サイトおよびヨドバシカメラで8月30日より先行販売します。先行予約は8月20日より開始予定。その他販路では9月30日より販売します。

「Sonos Roam」は、500mlペットボトル大の小型スマートスピーカーです。縦置きおよび横置きに対応するほか、重量も430gと比較的軽量で、小さなカバンに入れて手軽に持ち運べる点もアピールします。

engadget

アウトドア使用にも最適化しており、水深1mに最大30分間浸しても耐えるIP67防水に対応。加えて、防塵仕様となっており、海辺の砂浜といった環境でも問題なく利用できます。さらに、筐体のエッジ部分にはシリコン素材を用いており、落下への耐久性も高めています。

バッテリー連続駆動時間は公称10時間。USB-Cケーブルのほか、Qiワイヤレス充電にも対応。汎用のQi充電器も使えるほか、別売りでマグネット式の専用Qi充電器も用意します。

また、ユニークなのが加速度センサーを用いた音響チューニング機能「TruePlay」です。音楽を再生中に本機を移動させると、加速度センサーがそれを検知して、内蔵マイクを使って新たに置いた場所に最適な音響チューニングを施します。このため、本機を横に置いても縦に置いても部屋の端に置いても、アーティストの意図に近い音響で楽しめるといいます。

Bluetoothに加えてWi-Fi接続にも対応。家ではWi-Fi、外ではBluetooth接続に自動で切り替わります。AppleのAirPlay 2やNFC接続にも対応します。

Sonosアプリを用いることで、様々な音楽サブスクリプションサービスの音楽をWi-Fi経由で再生できます。

Sonosのスピーカー同士で連携するSonosシステムにも対応。これは、買い足したすべてのSonosスピーカーをワイヤレスで連携させ、複数台のスピーカーで同時に鳴らしたり、部屋ごとに異なる音楽を再生できる連携機能となります。

また、新機能として「Sound Swap」に対応。「Sonos Roam」で再生中の音楽を、最寄りのSonos製スピーカーにシームレスで渡すことが可能です。

Amazon Alexaにも対応し、Alexa対応スマートスピーカーとしても本機を利用できます。

Source:Sonos Japan