SONY DinoScience

ソニーグループ9社からなる DinoScience 恐竜科学博製作委員会は、「Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~」(以下、恐竜科学博)を、パシフィコ横浜にて開催します。会期は2021年7月17日~2021年9月12日。

恐竜科学博は、「ソニーが科学の視点で生み出す、まったく新しい恐竜体験」と題し、見るだけではなく五感で楽しむ体験型エデュテインメントとして、映像技術や立体音響技術などを活用したエリアを設けます。

「発見ラボラトリー ~科学が解き明かすララミディア大陸~」エリアでは、恐竜の特徴や生態系などを多数の貴重な標本や資料とともに解説。ソニーの空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)『ELF-SR1』で、恐竜の3DCGモデルが展示されます。恐竜の肌の質感や骨格などをリアルな映像とともに楽しめるのがポイントです。

ソニーの360立体音響技術を活用した「フィールドツアー ~少年トリケラトプスの冒険~」エリアでは、白亜紀にタイムトラベルしたような没入体験ができるとのこと。白亜紀後期に生息していたさまざまな生き物の骨格標本が展示されます。

「白亜紀体験シアター ~恐竜たちが生きる世界~」エリアでは、ララミディア大陸に生きる動植物が、横 12m、高さ6.8mのソニーの超高精細な Crystal LED に、圧倒的なリアリティと迫力のフルCG映像で映し出されるほか、7.1.2ch のサラウンド音響システムや、ソニーのハプティクス技術(触覚提示技術)による映像に合わせた床からの振動、風の演出など、まるで恐竜がいた時代にタイムスリップしたかのような興奮を味わえるとのことです。



Source:Sony presents DinoScience 恐竜科学博 ~ララミディア大陸の恐竜物語~


関連記事:Xperiaで撮影した恐竜科学博のライブ映像を家で楽しめるイベント