ECM-W2BT

ソニーは、カメラと無線で接続し、高音質で録音できるマイク「ECM-W2BT」を4月16日に発売します。価格は2万2500円(税別、以下同)です。

「ECM-W2BT」は、レシーバーとトランスミッター(マイク)で構成される製品で、デジタルオーディオインターフェース対応のマルチインターフェース(MI)シュー搭載カメラ(FX3/α1/α9 II/α7R IV/α7S III/α7C)に「ECM-W2BT」のレシーバーを取り付けて使います。

ソニーによると、マイク側でデジタル化した音声をそのままデジタル信号で伝送するため、ノイズの少ない収録ができるそうです。マイクとレシーバー間の通信には、BluetoothコーデックであるaptX Low Latencyを用い、最長200mの伝送ができるほか、障害物がある場所などでも安定した接続ができるとのことです。

マイクには高音質の全指向性マイクカプセルも備え、どの方向でもクリアに録音できるそうです。

外部入力用として、3.5mmステレオミニ端子を搭載し、ステレオ音声による収音が可能なほか、風切り音を低減するウインドスクリーンも付属します。

ECM-W2BT

手元で音量調整が可能なアッテネータースイッチを備え、音源の音量に合わせて20dB、10dB、0dBの3パターンが選べます。また、レシーバー間の通信状況を示すLINKランプも搭載しています。

ECM-W2BT
▲手元で音量調整が可能なアッテネータースイッチを備える

ユースケースに合わせて選べる3つの収音モードを搭載しているのもポイントです。具体的には、マイクで収音した音のみを記録するMICモード、マイク側とレシーバーに搭載したマイクの両方の音を記録するMIXモード、レシーバーに搭載したマイクの音のみを記録するRCVRモードを選択できます。

ECM-W2BT
▲モード切替はレシーバー側のモードスイッチで行う

カメラに取り付けるレシーバーにもUSB端子を備え、充電・給電に対応します。レシーバーはMIシューからの電源供給で約18時間の連続使用が可能。MIシューを使用せず、内蔵バッテリーのみの場合は約3時間の連続使用が可能とのことです。

サイズと重量は、マイク側が30.6x19x67.6x19mmで27g。レシーバー側は34x53x28.7mmで28g。

このほか、ネクタイやポケットなどに360度回転式のクリップで固定できる小型ラべリアマイク「ECM-LV1」も同日、3000円で発売します。全指向性の小型マイクカプセルにより、どの方向の音もステレオ収音が可能なほか、ウインドスクリーンを付属し、風切り音も低減できるそうです。

ECM-LV1
▲ECM-LV1

Source : ソニー