ソニー・ANAの子会社が次世代の遠隔操作ロボットの開発協力を発表

オフィスや家庭などでの利用を想定

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2020年05月11日, 午後 12:30 in Sony
0シェア
Engadget
Engadget Japan

ソニーグループのソニーAIと、ANAグループのavatarin(アバターイン)は5月11日、次世代の遠隔操作ロボットに関する開発協力を発表しました。

両社が開発予定の次世代の遠隔操作ロボットは、オフィスや家庭などでの利用を想定しています。ソニーAIのAI技術とロボティクス技術やソニーグループのセンシング技術、avatarinの遠隔操作ロボットに関する技術を組みわせて誰にでも使いやすい次世代の遠隔操作ロボットの技術開発し、社会実装に関する検討します。

ソニーAIは「人々の想像力とクリエイティビティをAIによって解放する」を目的に2020年4月1日に設立されました。ソニーグループの擁するイメージング&センシング技術とエンタテインメント分野での資産をかけ合わせて新規事業創出に向けて活動をしています。

avatarinは「アバターを、すべての人の、新しい能力にすることで、人類のあらゆる可能性を広げていく」を目的に2020年4月1日に設立されたANAホールディングス発の初めてのスタートアップです。社会課題解決のために考えた遠隔操作ロボットを用いて、人々が交流し、作業できる次世代モビリティと人間拡張テクノロジーを開発しています。

source:ソニー(ニュースリリース)


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: Sony, ana, robots, news, gear
0シェア

Sponsored Contents