ソニーは、Bluetooth対応のワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XG500」と「SRS-XP500」を5月28日に発売します。市場想定価格は「SRS-XG500」が4万4000円前後、「SRS-XP500」が4万円前後です。

両機種ともウーファーに矩形の振動板を採用し、2基のツイーターを備えた2ウェイ仕様。ソニーによると、音圧や低域の力強さが増しているそうです。さらに、低域のみならずクリアなボーカルやバランス良く広がる中高域も持ち味としています。

SRS-XG500

SRS-XP500

具体的な構成は次の通り。「SRS-XG500」は、約110×110mmの矩形ウーファーの「X-Balanced Speaker Unit」に加え、直径約25mmのトゥイーターも搭載。「SRS-XP500」は、約140×140mmの矩形ウーファーの「X-Balanced Speaker Unit」と直径約50mmのトゥイーターを搭載しています。

本体には重低音を増強することが可能な「MEGA BASS モード」の専用ボタンを備えるほか、デジタル信号処理により音の拡散範囲を広げることで、ライブ会場にいるような音響を再現する「LIVE SOUND モード」も備えます。

また、マイク/ギター端子も搭載し、音楽を流しながらカラオケやギターの演奏を楽しめるほか、最大100台を同時に接続して大音量で再生できる「Party Connect」や、スマホアプリ「Fiestable」でライティング機能のイルミネーションを変更したり、さまざまなサウンドエフェクトの設定が可能です。

屋内だけでなく屋外での使用も想定した仕様なのも両機種の共通点です。「SRS-XG500」はIP66の防水・防塵、「SRS-XP500」はIPX4の防滴に対応。水没は避けてほしいですが、突然の雨や水しぶきが付着しても問題なく使用できそうです。

このほか、短時間の充電で音楽再生可能な Quick charging 機能に対応。10分の充電で、「SRS-XG500」は約3時間、「SRS-XP500」は約80分の再生が可能としています。

■ SRS-XG500の実機画像

SONY SRS-XG500
▲SRS-XG500の最大外形寸法は約460×256×215mm(幅×高さ×奥行)、質量は約5.6kg

SONY SRS-XG500

SONY SRS-XG500
▲SRS-XG500の背面
SONY SRS-XG500

SRS-XP500の実機画像

SONY SRS-XP500
▲SRS-XP500はソニーが2017年10月に発売した「SRS-XB60」の後継機。両側にハンドルがついている

SONY SRS-XP500
▲SRS-XP500の最大外形寸法は約275×572×295mm(幅×高さ×奥行)、質量は約11.2kg

SONY SRS-XP500

SONY SRS-XP500
▲SRS-XP500の上部
SONY SRS-XP500
▲SRS-XP500の背面

SRS-XG500

SRS-XP500

Source : ソニー