sony

ソニーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に従事している国内医療関係者への支援施策として、医療用フェイスシールドの製造と無償提供、人工呼吸器の生産支援を開始すると発表しました。

医療用フェイスシールドは、メディカル部門で手掛けている医療用3Dモニター用アイシールドをフレーム部に流用して製造します。

医療機関等の応募受付や本品の配送において、医療情報サービス大手のエムスリーと連携し、5月8日より、エムスリーの医療従事者向けのウェブサイトを通じて、日本全国の医療機関等からの応募を受付けます。5月中旬以降、週に約5000セット(フレーム約5000本、シールド約5万枚)、合計約4万セットを寄贈します。

人工呼吸器については、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズが生産支援を担当。医療機器の製造・販売を行うアコマ医科工業と提携し、同社が開発・設計した人工呼吸器の生産を受託します。

人工呼吸器は、7月より量産を開始し、9月中に500台を生産します。この人工呼吸器の生産支援は日本政府の呼びかけに対応するもので、今後も他の人工呼吸器メーカーからの生産受託の可能性を検討していくといいます。

医療用フェイスシールドはアップルが作成方法を公開したほか、トヨタ自動車などが開発しています。また、先日、GPU製品やAI製品を開発するNVIDIAのチーフサイエンティストBill Dally氏が、約400ドル(約4万3000円)で組み立てられる人工呼吸器の設計資料をオープンソース化して公開したほか、フィリップス・ジャパンが増産することを表明しています。

Source:ソニー