米国のソニー・エレクトロニクスは1月6日(現地時間)、デジタルサイネージなどに向けた大型ディスプレイとして、画面に微細なRGB LED素子を配置し、画素ごとに駆動する自発行ディスプレイ方式を採用した新「Crystal LED」2シリーズを発表しました。オンライン開催の CES 2021 で披露した後、夏ごろの発売を予定します。

今回発表した2シリーズは、2020年12月にYouTubeで“次のブレイクスルー”というワードとともに告知していた製品で、今回、その詳細が明らかになった格好です。

CシリーズとBシリーズの共通点として、ソニーは、高性能画質プロセッサー「X1 for Crystal LED」を搭載し、従来からのCrystal LEDシリーズで培ったLED制御技術や、ソニーのBRAVIAシリーズの信号処理技術を取り入れている点を挙げ、マスターモニターのように映像制作者の意図を忠実に再現できるとしています。

さらに高画質機能として、アップスケーリング処理を行う「Reality Creation」や、被写体ぶれを抑えて滑らかで歪みのない映像にする「Motionflow」、階調表現を高める「22bit Super Bit Mapping」などを搭載します。広視野角かつ広色域な点もアピールし、HDRや120fps HFR、3Dなどの映像入力にも対応します。

ディスプレイはモジュール式でベゼルレス設計。さまざまなレイアウトやサイズ、そして解像度にも対応できるよう拡張できるよう、軽量にし、壁掛けや湾曲したような配置も可能といい、2つのピクセルピッチサイズ(1.26mmと1.58mm)を用意します。

静音性を確保している点や、消費電力が少ない点も売りのひとつです。電源はAC100~240Vで、ファンレス仕様にしたことにより静音性を実現。さらに、購入後のメンテナンスを含むコストを削減できるとしています。

CシリーズとBシリーズの違いとしては、Cシリーズが100万:1の高コントラストを実現し、主に企業やショールームなどでの使用を想定。さまざまなアプリケーション向けに最適化したディープブラックコーティングを施しています。

一方、Bシリーズは、明るい環境でも見やすい1800cd/平方メートルの高輝度を実現しているほか、広い色域で「驚くほどリアルな画像を表示する」と主張します。

開発にはソニー・ピクチャーズエンタテイメントも関わり、クリエイターの要望を反映した仕様にしたといいます。仮想セットやスタジオの背景といった用途を想定しています。


source:米ソニー・エレクトロニクス