SONY LSPX-S3

ソニーは7月13日、グラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」(以下、S3)を発表、8月6日に発売します。市場想定価格は3万9000円前後(税込み、以下同)。全国の家電量販店やソニーストアなどが取り扱います。

S3はソニーが2019年3月に発売した「LSPX-S2」(以下、S2)の後継に相当する新製品。価格がS2(4万4000円)よりも安くなり、S2のクリアなサウンドを維持しつつ、トゥイーター構造の改良とウーファー口径サイズの大型化により、幅広いジャンルの楽曲を聴けるようにしたのがS2からの大きな進化点です。

グラスサウンドスピーカーは、有機ガラス管がトゥイーターの役割を果たし、全面から水平方向に音が広がる仕組みを採用したスピーカー。弦楽器や打楽器を指ではじいたり、叩いて音を出したりするのと同じように、加振器が有機ガラス管(振動板)の端面を叩くことで振動板全体から音が出ます。

LSPX-S3(Amazon)

さらに、振動板の端面に配置された加振器が音の出る方向に対して垂直に加振し、音波を発生させるソニー独自のスピーカー駆動技術を採用。加振器を支える土台は強度、材質、形状を見直し、最終的に亜鉛合金が使われています。これらにより、クセや歪みの少ない音質を実現したとソニーは説明します。

▲ S3(右)のウーファー口径サイズはS2(左)に比べて大型化
▲ パッシブラジエーターで深みのある低域を再現する

LSPX-S3(Amazon)

S2とS3を同じテーブルに置き、別ジャンルの2曲を試聴する機会を得たので、かんたんにレポートします。

手嶌葵の「Alfie(24bit / 96kHz)」は主に女性ボーカルとピアノなどで構成された楽曲。S2と比べてやや重厚感のある低域になるものの、ボーカルが息を吸う音まで聴こえるため、S3では音の自然な広がりだけでなく、鮮明さが肝になっているのかもしれません。

Niko Moon の「GOOD TIME(24bit / 44.1kHz)」は男性ボーカル、ギター、電子ドラムで構成された楽曲。S2よりもS3のほうがボーカルの声の太さや、ギターのカッティング、曲途中のクラップなどがダイレクトに響くようなイメージです。

ただ、本体から約1メートル離れた場所でこの2曲を聴いた限りでは、全体的な音圧はS2と大差がないと感じますが、それでも低域の厚みがやや増したようなサウンドでした。

音のチューニングについて、ソニーの関係者に尋ねたところ、「S2でもボーカルのないジャズやクラシックも聴けたが、S3では内部構造の見直しだけでなく、楽器の音の響きや声の明瞭感、そして人の細やかな息遣いまでもリアルに再現できるようにした。また、グラスサウンド特有の音の豊かさや広がりを担保した」と説明しました。

なお、立体音響技術を活用した音楽体験「360 Reality Audio」には非対応。このため、360RA認定スピーカーのようにオブジェクトの定位まではハッキリと再現できませんが、まったく音が全方位に広がらないというわけではありません。

また、ソニーいわくS3は「ハイレゾ」の認定製品ではないものの、圧縮音源で失われがちな高域を効果的に補完し、クリアなサウンドを再現する「DSEE」や、Bluetoothコーデック「LDAC」には対応するため、対応する機器とBluetoothで接続すればハイレゾ相当の音質で楽しめるとのことです。

SONY LSPX-S3
SONY LSPX-S3
▲ 明るい部屋でもLEDランプは点灯する。暗い部屋に置けば本物の炎のような揺らぎとともに音楽を楽しめ、落ち着いた雰囲気になる

複数台接続も可能です。2台のS3を連携させてステレオスピーカーのように使用したり、最大100台まで接続して臨場感のある再生が可能な「パーティーコネクト」機能を使えます。

「Sony | Music Center」アプリを使えば低域の強化やイコライザー調整などサウンドに関することだけでなく、LEDライトの明るさを32段階で調整したり、音楽に合わせて火が揺れるようなライティングを楽しめる「キャンドルライトモード」を使用することが可能です。

まとめるとハイテクなスピーカーとは違い、お洒落なインテリアとして楽しめる——。これがグラスサウンドスピーカーの良さでしょう。クリアで若干ズッシリとしたサウンドや、LEDライトで空間を演出するなど、ちょっとリッチな気分に浸れそうです。

LSPX-S3(Amazon)


SONY LSPX-S3
▲ ハンズフリー通話に対応。通話ボタンが側面に配置されている
SONY LSPX-S3
▲ 付属の USB Type-C ケーブルは本体にマッチするカラーリングとなっている

Gallery: ソニーのグラスサウンドスピーカー LSPX-S3 | of 13 Photos

  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>
  • SONY LSPX-S3
    <p>SONY LSPX-S3</p>