ソニー、サビに強い防水防塵仕様のワイヤレススピーカー発表。1万2000円〜

USB Type-Cケーブルで充電可能

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年06月16日, 午後 03:41 in wireless
0シェア
FacebookTwitter
SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23

ソニーは、ワイヤレススピーカー「SRS-XB43」「SRS-XB33」「SRS-XB23」を7月3日に発売します。

市場想定価格はそれぞれ2万3000円前後、1万8000円前後、1万2000円前後です。

3製品に共通する特徴

本製品はBluetoothによるワイヤレス接続に加え、バッテリーを内蔵したことで持ち運んで使えるスピーカー。IP67の防塵(じん)、防水設計に加え、防錆(ぼうせい)性能も備えます。

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲IP67の防塵(じん)、防水設計に加え、防錆(ぼうせい)性能を備える

サウンドについては、ソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。従来機種よりも振動板面積を拡大し、振動板の素材にソニー製オーディオ機器の上位モデルにも使われている発泡マイカを採用したことで、クリアで鮮明な音を楽しめるとしています。

「SRS-XB33」と「SRS-XB23」では非対称形のスピーカーユニットを採用しており、音場が広がり、ゆがみの少ない音質になっているとのこと。上位機種にあたる「SRS-XB43」は超楕円形(長方形に近い形の楕円)のスピーカーユニットを採用したことで、上記2機種よりも厚みのある重低音サウンドを実現したといいます。

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲スピーカーユニットの形状の違いを示すイメージ。現行モデル(左)と、SRS-XB43(右)

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲現行モデル(左)とSRS-XB33 / XB23(右)は、スピーカーユニットの形状が異なる

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲低域を増強するパッシブラジエーターを両側面に配置

また、独自の圧縮音源高音質化技術「DSEE」に加え、3製品ともに対応コーデックはSBC、AAC、LDACをサポート。スピーカー同士を最大100台までBluetooth接続して同じ音源を流すことも可能です。充電端子はUSB Type-Cに対応します。

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲「SRS-XB43」と「SRS-XB33」は、ファブリックフレームの縁と本体側面が光るラインライトやスピーカーライトなどで使用シーンを演出

臨場感あるサウンドのSRS-XB43/SRS-XB33

「SRS-XB43」と「SRS-XB33」は「ライブサウンド」モードを搭載。ライブ会場のように臨場感のあるサウンドを再生できるといいます。また、ソニー独自のアルゴリズムを進化させ、ボーカルの明瞭度を維持しながらも楽曲に収録された余韻や歓声、拍手などをスピーカーの縦と横へ拡散させます。

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲SRS-XB43
SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲SRS-XB33

縦置きと横置きに対応するSRS-XB23

SRS-XB23は縦置きと横置きの両方に対応します。縦置きでも音の広がりを体感できるように、ソニー独自のアルゴリズムを使用したモノラルモードを備えている点も特徴。横置きではステレオモードで再生することが可能です。

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲SRS-XB23は縦置きと横置きの両方に対応

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲SRS-XB23(左から順にブラック、ベージュ、ブルー、レッド、グリーン

SONY SRS-XB43 / SRS-XB33 / SRS-XB23
▲SRS-XB23は従来モデルからデザインを刷新し、ストラップが付属しており、ワイヤーなどに引っかけておくことが可能


source:ソニー


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: wireless, Wireless speaker, bluetooth, speakers, Sony, news, gear
0シェア
FacebookTwitter