ソニー、YouTuber向けコンデジ VLOGCAM ZV-1発表。約9万円で6月発売

商品レビュー動画、屋外撮影にも対応

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月27日, 午前 10:01 in VLOGCAM ZV-1
0シェア
FacebookTwitter
SONY VLOGCAM ZV-1

ソニーは、YouTuberなどVlog撮影に向いた1.0型積層型CMOSセンサ搭載コンパクトデジタルカメラ「VLOGCAM ZV-1」を6月19日に発売します。市場想定価格は9万1000円前後(税別、以下同)です。

「VLOGCAM ZV-1」は、1型センサ搭載のコンパクトカメラ「RX100VII」のデザインを踏襲しつつ、商品レビュー動画の撮影に最適化した機能を搭載するほか、風音を軽減するウインドスクリーンも同梱します。

どの辺がYouTuber向きか

YouTuberなどVlogger向きの機能としてわかりやすのが、ピント合わせです。

商品レビュー動画を撮影する際、従来のカメラでは商品ではなく人物の顔にピントが合ってしまい、商品にピントを合わせるために、わざわざ顔を手で覆うなどの面倒がありました。

一方の「VLOGCAM ZV-1」では、背面の「C2ボタン」を押すことで、人物ではなく手前の商品にピントを合わせることが可能。C2ボタンを押すごとに、フォーカスの対象を人物と商品で切り替えられるので、レビュー動画撮影時のピント合わせの面倒がなくなります。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲C2ボタンは背面に搭載

また本体上部の「C1ボタン」を押すことで、背景のぼかし具合もF5.6〜1.8の間で切り替えられます。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲上部にC1ボタンを備える

SONY VLOGCAM ZV-1
▲「VLOGCAM ZV-1」を使って動画を撮影する様子

屋外ロケなどで役立つ「リアルタイム瞳AF」も搭載します。これは、動画撮影中に人物の瞳にフォーカスを合わせ続ける機能。これにより、動きの激しい撮影でも、人物にピントが合った撮影が行なえます。

また、露出補正も人物を優先するため、仮に背景が明るくても、動画のメインとなる人物が暗く写ることもありません。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲「VLOGCAM ZV-1」を持ち歩いて撮影する様子

光学手ブレ補正に対応しており、特に歩行時の手ブレを抑えることが可能。カメラを持ち歩きながら撮影する際に役立ちそうです。

また、風切り音などのノイズも低減できるように、本体上部にマイクグリル、風低減スクリーン、3カプセルマイクなどの機構を採用。加えて、同梱のウインドスクリーンをカメラ上部に取り付けることで、屋外でも人物の話し声等をクリアに記録できます。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲同梱される「ウインドスクリーン」は上部に取り付け可能

バリアングル液晶で自撮りもOK

また、自撮り撮影時にも便利なバリアングル液晶を搭載。可動域は水平方向176度、回転方向270度となります。モニターサイズはRX100VIIと同じ3.0型ですが、モニターを開くだけで電源のON・OFFが可能。画面に触れることで操作可能なタッチフォーカスやタッチシャッターに対応します。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲バリアングル液晶モニター(水平方向176度、回転方向270度)を搭載

主な仕様は、レンズの焦点距離が24-70mm、明るさを示すF値は1.8-2.8。連続して動画を撮影できる時間は最大45分(4Kは最大30分)としていますが、撮影環境や温度によって変わるとのことです。

動画撮影時に選択できる解像度とフレームレートは4Kが30pまたは24p、フルHDが120p/60p/30p/24pのいずれか、スーパースローモー ション撮影時の解像度はフルHDで、フレームレートは60p/30p/24pのいずれかです。ほかにも960fps/480fps/240fpsのハイフレームレート撮影が可能です。

内蔵フラッシュや、EVF、マニュアルコントロールリング、NFCは非搭載ですが、MIシューやNDフィルターを内蔵しています。インタフェースについては、ヘッドフォン出力端子はありませんが、マイク入力端子、micro HDMI端子、micro USB端子を備えます。

サイズは60.0x105.4x44.0mm(高さx幅x奥行き)で、重量は約294gです。

シューティンググリップ「GP-VPT2BT」とのセット販売も予定

VLOGCAM ZV-1とワイヤレスリモコン機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」、バッテリー「NP-BX1」をセットにしたシューティンググリップキット「VLOGCAM ZV-1G」も発売します。価格はオープンで市場想定価格は10万4000円前後です。

SONY VLOGCAM ZV-1
▲「VLOGCAM ZV-1」とシューティンググリップ「GP-VPT2BT」

SONY VLOGCAM ZV-1
▲本体下部

Adobe Premiere Rush が3か月無料になるキャンペーン

ソニーは、VLOGCAM ZV-1の発売に合わせて、VLOGCAM ZV-1とZV-1G購入者(製品登録者)を対象に、Vlog制作に不可欠な映像編集ソフト「Adobe Premiere Rush」月額980円(税抜)が3か月無料になるキャンペーンを実施します。

購入期間と申込期間は次の通り。

購入期間:2020年6月19日〜9月28日(予約販売受付期間中に購入した商品も対象)

キャンペーン申込期間:2020年6月19日〜10月12日

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: VLOGCAM ZV-1, YouTuber, YouTube, gadgets, audio, Camera, RX100 VII, photography, gadgetry, movies, video, cameras, Sony, photos, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents