ソニー、会員制の有料ライブ配信アプリ「WACHAT(わちゃっと)」を開始

自宅からでも大好きな有名人と繋がれます

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月22日, 午後 06:00 in Sony
0シェア
FacebookTwitter
SONY WACHAT

ソニー・ミュージックソリューションズは、会員制ライブ配信アプリ「WACHAT(わちゃっと)」の提供を開始しました。

WACHATは、一般視聴者がタレントやアイドルといった有名人の会話を動画で視聴できるアプリ。コメント投稿機能を備えるほか、有名人を直接応援することが可能なギフティング機能や同時視聴機能を2020年夏以降に実装する予定です。

動画を配信する側は、個人だけでなく、複数人同士かつ1つのチャンネルで配信することも可能。いわゆるInstagramでよく見られるコラボ配信のようなことを行えます。

アプリのダウンロードは無料で、メールアドレスを登録することで利用できます。ただし、利用料金は有料で、登録するチャンネルなどによって料金が異なります。また、権利元のソニー・ミュージックソリューションズと芸能事務所などの判断によっても料金が変動するとのこと。

なお、ソニー・ミュージックソリューションズによると、5月22日時点でチャンネルは開設されておらず、アイドル・アニメソングなどを中心とした音楽イベント「@JAM」に出演しているタレントなどがチャンネルを順次開設していく予定です。

また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による情勢を鑑み、エンタテインメント業界の活性化の一助を担えればという想いから、当初より約1か月サービス開始を早めたといいます。

有名人と一般の視聴者がコミュニケーションできるサービスは「17 Live(イチナナライブ)」や「SHOWROOM(ショールーム)」などが有名ですが、WACHATは、あえて「誰でも視聴できる動画配信サービス」にしないことで、収益化はもちろんのこと、部外者による誹謗中傷コメントや、SNSでよく見かける炎上行為などを防ぐ狙いです。

Source:ソニー・ミュージックソリューションズ

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Sony, Entertainment, movies, App, mobile, news, entertainment
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents